おすすめ化粧品で効果を実感|40代から始めるスキンケア

長髪の女性

柔軟化粧水でケア

スキンケア

化粧水を使う意味

洗顔後の素肌に最初に導入すべきは化粧水で、潤いある肌状態はキメを整え、様々な肌悩みを予防する利点も挙げられています。洗顔では余分な皮脂と共に必要な油分までが洗い流されてしまいやすく、バリア機能は著しく低下しています。乾燥することにより、外部刺激に弱くなり、ニキビなどを含む肌荒れを起こしやすくなります。効果的なのがリプロスキンと呼ばれる化粧水を導入するケアで、潤いを与えた肌状態は安定し、さらにブースター化粧水としての役割を担うため、続けて乳液やクリームを塗布することによって美容成分の浸透力に差がつきます。リプロスキンの肌効果の1つにはニキビ肌の改善を挙げることができ、皮脂を抑える目的でさっぱりしたテクスチャーを求める傾向にある肌質タイプですが、ニキビ菌のエサにならない成分を配合しているのかがポイントとなるため、テクスチャーではなく、ノンコメドなどのリプロスキンを含む基礎化粧品を使い続けることでバリア機能が正常化する魅力があります。

使い続けることが大事

リプロスキンにはニキビ肌に効果が期待されており、肌に刺激になる添加物を極力排除しているのが特徴ですが、着色料・鉱物油・パラベン・アルコールの4種類の添加物を含んでいない内容であり、無添加の意味合いに注意が必要です。また、リプロスキンと相性の良い肌タイプもチェックしておきたい点で、赤らみ肌・黒ずみ肌・デコボコ肌の3タイプに効果を発揮しやすく、ニキビを直接的に治すのではなく、再びニキビができない肌づくりを行うケアに効果的であるのが特徴となるため、ニキビ予防を目的としたスキンケアに努めることに気を付けたい内容です。肌機能が正常化し、肌のターンオーバーによってニキビ肌が改善されますが、治った後のケアとなるのが導入型柔軟化粧水のリプロスキンとなり、1日2回のスキンケアを行うことも重要となります。